夜更かしは小さな現実逃避

今日は朝からさっきまで消防の訓練でした。
外での訓練で、風が冷たくて体の芯から冷えました。

朝7時半ぐらいに集合場所まで車で移動する途中で、犬を散歩している友人とすれ違いました。
その友人は自営で飲食店をしているんですが、日曜の今日は休みです。
休みの日も朝早く起きるってすごいなと思いました。
家族がいたりという理由もあるかもしれませんが、私には真似できません。

確かに朝遅くまで寝ていると、1日が短くてすぐに夜になってしまう気がします。
私も学生の頃は早起きは全然苦になりませんでしたし、休みの日も早起きでした。
やっぱり仕事をしだしてから早起きが苦手になった気がします。
それは夜更かしをするという理由もあると思います。
寝てしまうと次の日がきてしまうので、現実逃避で夜更かししているような気がします。
次の日がきてほしくないという気持ちは、仕事がある平日はもちろん、休日も少なからず同じのような気がします。
日曜は特に、朝になるとあと1日寝たらもう仕事だとなってしまう。
夜更かしするのは、小さな現実逃避のような気がします。
スポンサーサイト

大阪シティ信用金庫 1年0.36%

今週から寒さが増してきて、朝起きるのがいつも以上につらくなってきました。
明日の日曜は午前中、消防の訓練があります。
寒いし、早起きだから面倒くさいです。
まぁ、仕事よりは全然ましですが。

来年の1月と2月に住信SBIネット銀行に預けている定期が満期になります。
預け先は、大阪シティ信用金庫を考えています。
来月ぐらいに資料を取り寄せて口座開設をしようと思います。
1年で金利0.36%と、全国どこに住んでいても開設できる銀行としては、5本の指に入る金利です。
高金利とはいっても、この低金利時代では、どんぐりの背比べ程度の違いなんですが、塵もつもれば山となるということで。

各銀行も冬の定期預金キャンペーンが始まりだしています。
オリックス銀行3年は0.3%、しずぎん6カ月も0.3%と、前回より0.08%ほど上がっています。
こころへんが底で、少しずつ上がってくるのでしょうか。

保険について考える

保険について、その2。
加入を検討している、みんなの積立とライフロードは税金控除狙いです。
純粋な保険という意味では、現在加入しているのは自動車保険のみです。
(強制加入の健康保険は除く)

貯金でまかなえないような万一に備えて加入するのが保険だと考えています。
発生確率は非常に少なくても、もし起こってしまった場合に大きな損害が発生する可能性がある場合です。
ですので、自動車保険も対人・対物は無制限ですが、車両保険は入っていません。
生命保険も医療保険も入っていません。

今後加入を検討しているのは、個人賠償責任保険です。
今加入している自動車保険のオプションにも個人賠償責任保険はないので、もし一人暮らしをした場合の火災保険でまかなうか、それ専用のクレジットカードを作成して加入しようと考えています。
年会費無料のカードだと、JCB EITか、三井住友のエブリプラスあたりです。
月額150円程度で加入できるようです。
賠償金額1億円で、示談交渉付きです。

あと気になるのは、トンチン保険と呼ばれるものです。
終身の個人年金保険です。
数社の保険会社が出しているようで、85歳や90歳以上生きれば得をして、それまでに死んでしまえば損をするというものです。
長生きというリスクに対しての保険という意味では、合理的な保険とも考えられます。
ほとんどの場合が損するようですが、万一?の長生きに対して、貯金で対応できないお金の問題に対して保険でまかなうという考え方は、アリだと思います。
ただ保険料が総額で1,000万円近いようで、ある程度お金に余裕がなければ、簡単には入れませんが。
トンチン保険の代わりとして、公的年金の繰り下げ受給の方がいいような気もしていますが。。

あと将来的に、家計に大きな負担がなければ、安価な医療保険は入ってもいいかなとは考えています。
県民共済とか、ネットの終身保険とか。
まぁ、医療保険は健康告知的に入れるようになったらの話ですが。

じぶんの積立とライフロードについて

今年、長年付き合いで加入していた生命・医療保険を解約しました。
来年以降、保険をどうするか考えてみました。

まず、独身なので生命保険は必要なしです。
医療保険ですが、健康告知でNGとなるので入れません。
ここは仕方ないので、貯金でカバーすることにします。

今まで使っていた生命保険料控除枠が空くので、サラリーマンをしている間にこの恩恵を受けれないか考えてみました。
他のブログでも何度も紹介されている、明治安田生命のじぶんの積立が良さそうです。
長期の定期預金のようなもので、最大のメリットは生命保険料控除の対象になるということです。
5年間支払い、10年で満期となります。
利息だけだと大したことありませんが、生命保険料控除を考慮すると年利5%以上にもなるようです。
注意する点は、保険会社が破綻した場合に元本割れすることぐらいでしょうか。

色々調べていると、私は今まで使ったことがありませんが、個人年金保険料控除の対象になる(比較的)魅力的な商品もありました。
それは、JAのライフロードです。
現在の低金利時代に、個人年金に入るのは避けた方がいいと言われています。
その理由は、低い利息が長年にわたって固定されてしまうからです。
変動金利の商品もあるそうですが、それらの多くは一括払いで、毎年の個人年金保険料控除の対象にはなりません。
しかし、ライフロードは、毎年払いで保険料控除対象になるのに、変動金利対応なのです。
最初の5年の予定利率は0.5%で、6年目以降は0.75%を最低保証としてその時の情勢により金利がそれ以上にアップする可能性があります。
現在の6年目以降の利率は1.5%のようです。
デメリットは、最低でも50歳に到達するまで引き出しができず、それ以前に解約をすると元本割れをすることです。

上記の2本は保険料控除を狙った商品で、私の場合、最大の不安がいつまでサラリーマンを続けられるかということです。
じぶんの積立のメリットを最大限活用するには5年、ライフロードの場合は10年続ける必要があります。
今の状況では、ちょっと、いやだいぶ自信がありません。
途中でサラリーマンを辞めても、保険料控除の恩恵は受けれなくても、積み立てを続ければ損することはないのでやってみてもいいかなとは思いますが、もう少し考えてみたいと思います。

派遣について考える

今の仕事を辞めた後に、派遣をした場合について考えてみました。

給料 → △
今の仕事も安月給ですが、一応ボーナスもあるので、派遣になったら更に減ることになるでしょう。

精神面 → 〇
やってみないと分かりませんが、責任が軽くなると思います。
できれば単純作業とかあればいいんですが。
また、期限が区切られる分は精神的に楽だと思います。

通勤距離 → 〇
今の会社は1年後ぐらいに移転が決定しているので、場所が選べる派遣の方が近くなります。
ただし、田舎なのでどれだけ選択肢があるかは不明です。

世間体 → ×
世間体的には、正社員と派遣という言葉の響きだけで違ってきます。

今の仕事も正社員といいながら、条件・環境は良くないので、派遣になってもそんなに落差はないです。
ネックの求人数については、都市部で一人暮らしすれば解決しますが、今はもう少し資金を貯めた方がいいと思うので実家近くで探す方向で考えています。
ある程度資金が貯まったら、都市部に出てセミリタイアというのが理想です。

次の仕事として、技術系の正社員も考えていますが、年齢的に採用されるか?、採用されても条件悪い?、採用されても精神的に持たない?、などの不安要素があります。
またその場合、求人数の関係から必然的に実家を出ることになり、収支を考えれば給与面でそこまでメリットもない気がします。
できる限りの選択肢を視野に入れて、引き続き検討していきます。